TOP プラセンタ? 美肌 日々の健康 医薬品のプラセンタ プラセンタ製品のご購入は・・・ リンク集
PLACENTA
□□□□□□□□□□ 副作用じゃなくて「福」作用 □□□□□□□□□□□□□□□□□□

 胎盤の臨床効果が認められる疾患として、次のようなものが挙げられています。体内の疾患はもとより、体表面の疾患や美容、そして精神的な疾患というように、多岐にわたって有効性を示すのが、胎盤の臨床効果の大きな特長です。
 そのため、内科で治療しているうちに患部が改善されると同時に、体調もよくなり、精神的にもおだやかになり、肌もキレイになるというように、副作用ならぬ、「福」作用をもたらすことが珍しくありません。

         胎盤の主な臨床効果
肝炎(ウイルス性・アルコール性)、肝硬変、慢性膵炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘など
更年期障害、血経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など
前立腺肥大、勝胱炎、痔など
慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など
アトピー性皮膚炎、湿疹、乾癖、脇臭、シミ、ソバカス、シワ、タルミ、ニキビなど
角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障など
アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など
歯槽膿漏、歯周病など
うつ病、神経衰弱、自律神経失調症、不眠症など
疲労、冷え性、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、強精、風邪予防、ヤル気の喚起、困難に打ち克つ精神力の喚起など
 内科系



 婦人科

 泌尿器科

 外科系

 皮膚科

 眼 科

 耳鼻咽喉科

 歯 科

 精神神経科

 その他

 「風邪を引きにくくなった」
 よく耳にする使用感のなかには、特に 「この病気に効いた」といったことにとどまらず、体調全般が良くなったというものも多いようです。そのなかには、「風邪を引きにくくなった」というものもあります。風邪を引きやすく、冬場はずっと風邪ぎみといった方がプラセンタ製剤の注射を打つようになってからというもの、あまり風邪を引かなくなり、引いてもそう重くならずにすむようです。
更年期障害とプラセンタ)・・・前へ 次へ・・・(プラセンタ製剤の安全性

A society for the study of placenta

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。