TOP プラセンタ? 美肌 日々の健康 医薬品のプラセンタ プラセンタ製品のご購入は・・・ リンク集
PLACENTA
□□□□□□□□□□ プラセンタとは何か □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 プラセンタ(Placenta)は英語で、「胎盤」を意味します。私たち哺乳動物はその誕生に当たり、母胎と胎児の仲立ちをする胎盤のおかげで、母胎から十分な酸素と栄養を受けて健やかに発育することができるのです。

 胎盤は、胎児とはへその緒(臍帯)でつながっています。へその緒は弾力性及び伸展性にすぐれ、その中に血管が走っています。
 胎盤の形成は受精後約5週目からはじまり、13週頃になって完成します。そのつくられる経緯を簡単に振り返ってみましょう。

 まず、卵子と精子が出会って生じた受精卵が、子宮内壁に着床(固定) することに端を発します。着床した受精卵の表面からは、絨毛が無数に出て、やがて着床面の絨毛だけが成長し(他の絨毛は退化)、母体の子宮内壁と結合して、平たいホットケーキ状 (円盤状) の臓器がつくられます。これが胎盤です。
 胎盤は、胎児と母体とをむすびつけるとともに、両者を隔てる役割を果たします。母体から胎児への栄養や酸素などは、母体の血液から胎盤を通って、胎児の血液に入り、逆に胎児の老廃物は、胎盤を通って母体の血液中に捨てられます。
 この際、両者の血液が交じり合うことはありません。胎児側の血液は、絨毛内の胎児血管を循環し、母体の血液は絨毛間腔を満たすのみです。

 母体と胎児の血液型が異なっても、拒絶反応を起こさずにすむのはこのためです。また、胎盤は、母体側に異常が起きた時には、胎児を保護する障壁の役目を果たします。

 受精卵の大きさは、はじめは直径0.1mmほどですが、約280日後の出産時には、重さ3〜4kg、体長およそ40cmの胎児にまで成長します。
 その間、胎盤も、胎児の成長を助けながら拡大し、出産時には直径約15〜20cm、厚さ約1.5〜3cm、重さ約500gになります。
 このように出産までの10カ月に満たない短期間に、胎児は急速に発育しますが、そのために重要な働きをするのがとりもなおさず、この胎盤というわけです。私たち哺乳類は文字通り、胎盤のおかげで、この世に元気に生まれ出ることができるのです。
 そして、胎盤は出産によって、その役割を終了すると、後産として体外に排出されることになります。

□□□□ 胎児の各種臓器を代行する胎盤 

 受精卵の成長について、もう少し詳しく迫ってみます。

 受精卵は受精後1週間ぐらいで子宮内壁に着床し、その後、細胞群が3つの層に分かれはじめます。それぞれの層ごとに発生する器官が決まっていて、受精後4週目頃から、[皮膚・脳・脊髄・歯・口・肛門など]、[骨・筋肉・血管・腎臓など]、[食道・胃・腸・肝臓・膀胱など]の器官が順次つくられはじめ、受精後8週目頃には未熟ながら、各種器官がすべてそろい、その後は急速に成長していきます。



 ところで、胎盤の重要な働きとして、胎児への酸素や栄養分の補給や、胎児の保護に加えて、各種臓器の機能を十分に備えていない胎児のために、それぞれの臓器の代わりをすることが挙げられます。つまり、胎児の発育のために必要な呼吸やタンパク質合成、有害物の解毒、ホルモンの分泌、排泄など、重要な働きをすべて胎盤が行ないます。

 胎盤が代行する各種臓器の機能をまとめると、次のようになります。

 肺臓の働き (呼吸作用)  腎臓 (排泄作用) の働き  牌臓 (免疫作用) の働き
胎児は胎盤を通じて、母体の血液から酸素を受け取ります。また、胎児の放出する炭酸ガスは、胎盤を通じて、母体の血液に送り出されます。 胎盤は胎児の老廃物を処理し、母体の血液中に送ります。 胎盤が、病原菌や異物などの侵入を阻止する関所の機能を果たします。
 肝臓
    (代謝作用・解毒作用) の働き
 脳下垂体・卵巣
      (内分泌作用) の働き
 小腸 (消化作用) の働き
成人の肝臓では約200種類の酵素を使って、500種類以上の化学処理 (タンパク質の合成などの代謝作用) を同時進行で行なっています。胎児では、肝臓が持つべき酵素を十分に備えていないため、胎盤がその不足分を補いながら、代謝作用を行ないます。また、胎盤は肝臓と同様に、異物を解毒する作用を持ちます。 旺盛な発育をする胎児は大量のホルモンを必要としますが、これらのホルモンを供給するのが胎盤です。本来、ホルモンを分泌する内分泌臓器として働くのは、脳下垂体や卵巣などです。 胎児はアミノ酸のみをタンパク質源として利用します。胎盤で、母体の血清タンパク質を消化してアミノ酸にまで分解し、胎児に送ります。なお、中性脂肪も、胎盤で加水分解し、胎児に送ります。


 このように、胎盤は、まだひとり立ちしていない胎児の各種臓器を代行する、” 万能の臓器 ” といっても過言ではありません。
 そして、忘れてならないのが、胎盤の持つ調節機能です。

 例えば、胎盤には血液の凝固を防ぐ働きとともに、出血を防ぐ働きもあります。ケガをした場合を考えてください。普通なら、出血を防ぐためには、血液を凝固させることが必要です。血液の凝固にストップがかかっては血が止まりません。そこで、この相反する作用を絶妙なバランスに調節し、共存させているのが胎盤なのです。つまり、胎盤にとっては胎児に血液を送るために、血液の凝固を防ぐことが大事ですし、また出産の際には、母体を守るために、出血を防ぐことが大切です。したがって、必要に応じて、どちらかの働きをも果たすことができるように調節機能を作動させているのです。

 万能臓器ともいわれる胎盤だけに、各部を常にあるべき正常な姿に保とうとする、こうした調節機能が備わっているのは、生命の必然ともいえるでしょう。


□□□□□□□□□□ プラセンタ「胎盤」に含まれる豊富な成分 □□□□□□□□□□□

 胎盤にさまざまな生理機能のあることを述べましたが、それだけに、胎盤は胎児、つまり人間に必要なタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など多彩な栄養素を成分としています。

胎盤に含まれる主な栄養素
● アミノ酸※1  タンパク質 ● 糖質  ビタミン ● 核酸
ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニンなど アルブミン、グロブリンなど グルコース、ガラクトース、ショ糖など ビタミンB1、B2、B6、
B12、C、D、E、ナイアシンなど
DNA、RNA、及び代謝産物
 活性ペプチド※2 ● 脂質・脂肪酸 ● ムコ多糖体 ● ミネラル ● 酵素
薬理活性の中心である活性ペプチドが数多く確認されている コレステロール、ホスファチジン酸、ホスファーチジールエタノールアミン、ラウリン酸、パルミテン酸など ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸など100種類近くが確認されている
※1 タンパク質の原材料    ※2 アミノ酸の重合をペプチドと呼ぶ

 胎盤には生理作用の強い各種の成長因子が存在することもわかっており、その作用が大 先に述べたように、胎盤には胎児の臓器をつくる働きがあります。わずか10ヶ月たらずで、1個の受精卵が分化誘導されて、人間の体につくり上げられるわけですが、そのための各臓器の分化誘導因子、つまり成長因子は何を隠そう、胎盤がつくつているのです。
 また、子宮内でおよそ3kgの胎児にまで成長する要因のひとつとして、これらの成長因子の働きによる、細胞の活性化作用が大きく関与するものと考えられます。

 成長因子とは ” 細胞分裂活性化因子 ” のようなもので、細胞を刺激して細胞分裂を促します。その結果、新陳代謝が盛んになり、古い細胞がどんどん新しい細胞に置き換わり、それにともない、全身の細胞が活性化するものといえます。
 なお、成長因子はいわゆる ” 刺激剤 ” ですから、いってみれば細胞分裂のスイッチをオンに入れる働きをするもので、たとえ微量であっても、十分な力を発揮するのが重要なポイントです。

胎盤に含まれる主な成長因子
 肝細胞増殖因子(HGF) ● 神経細胞増殖因子(NGF) ● 上皮細胞増殖因子(EGF)
肝実質細胞をはじめ、諸組織の細胞の増殖 神経細胞(知覚・交感神経節細胞) の増殖 皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞の増殖
● 線維芽細胞増殖因子(FGF) ● インシュリン様成長因子(IGF)
ヒト線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖 軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖
● 免疫力を向上させる成長因子
 ○コロニー形成刺激因子(CSF)=免疫担当細胞の顆粒球、マクファージなどの幹細胞の増殖
 ○インターロイキン1 (IL−1)  =免疫担当細胞(T細胞・B細胞・NK細胞)、胸腺細胞の増殖リンホカインの産生促進
 ○インターロイキン2 (IL−2)  =T細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞) の増殖
 ○インターロイキン3 (IL−3)  =造血幹細胞、肥満細胞の増殖
 ○インターロイキン4 (IL−4)  =B細胞の増殖、及び抗体産生細胞への分化促進

□□□□□□□□□□ 胎盤を捨ててしまうのは人間だけ □□□□□□□□□□□□□□□

 胎盤は、胎児の育成のために臨時に設けられる臓器ですから、出産の後は体外に排出され、そのまま使い捨てにされていると述べました。哺乳類の中で、胎盤を使い捨てにするのは、人間だけといえます。もちろん、他の哺乳類も出産後に、胎盤を体外に排出しますが、普通、母親がこれを食べて、再利用しています。
 飼い猫や飼い犬などの出産に立ち会ったことのある人ならご存知でしょうが、出産後すぐに、母猫や母犬が胎盤を食べてしまうため、胎盤がいつまでも放置されたままになっているようなことはほとんどありません。牛や馬など草食動物の母親も同様のことをします。
 このように母親が胎盤を食べてしまう理由としては、出産のニオイを消し、身を守るためという説もありますが、栄養豊富な胎盤を食べることにより、産後の体力回復や母乳の分泌促進に役立てるためという説もあり、後者の方が有力のようです。そのため、産後といえども、食物の補給に心配のない人間だけが、この習性を身につけなかったものと推測されます。

 昔の住居跡を掘り当てて探索すると、時々、30cmらいの穴のある住居跡が見つかるそうです。その穴は、住居のなかで一番重要なところのすぐ後ろにつくられていて、そこに胎盤が埋められていたというのです。医療や薬が整っていなかった時代なだけに、子どもの病気に備えて、胎盤を取っておいたということでしょうか。確かなことはわからないものの、この風習が時代を経て、胎盤からヘソの緒に代わり、これをしまっておいて、子どもが大病をした時に、粉にしたり、煎じたりして、「特効薬」として飲ませることへとつながっていったのかもしれません。
 さらに、その流れで、子どもの健やかな成長を祈って、ヘソの緒を桐の箱に入れて残しておくという記念的な行為へと変化したと推測しても、それほど的外れではないでしょう。
 そして、日進月歩の医学のおかげで、現在では、人間の胎盤エキスは製剤化され、プラセンタエキスの注射薬や内服薬として使用されるようになっているというわけです。

A society for the study of placenta

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。