TOP プラセンタ? 美肌 日々の健康 医薬品のプラセンタ プラセンタ製品のご購入は・・・ リンク集
PLACENTA
 胎盤の力でボケは防げるか
 老化というと思い出されるのが 「ボケ」 の症状です。次に、この「ボケ」というものの
正体を、神経細胞を中心に見ていきたいと思います。
 人間の脳は、神経細胞なのですが、実はこの神経細胞というものは、生まれてからは分
裂して増えていくことはありません。したがって減る一方なのです。これはもう、毎日減
り続けています。研究者によって見解は違いますが、毎日一〇〇〜一〇万個以上が減って
います。
 ただし、そこは良くしたもので、「減ってもなんとかなる仕組み」が用意されています。
 神経細胞は、他の神経細胞との間に神経線推を張りめぐらせ、ネットワークを組んでい
ます。そしてそのネットワークを通じて、他の細胞との情報交換などを行なっているので
す。そのため、神経細胞が多少減っても、残った神経細胞同士がうまくネットワークでつ
ながっていれば、記憶がなくなったり、ボケたりすることはありません。
 コンピュータのネットワークであるインターネットは、アメリカの国防総省が、核戦争
による被害を想定して、前もって各地のコンピュータを統一した通信上の取り決めを用い
てつないだことから始まりましたが、人間の神経も細胞の脱落に対応できるようなネット
ワークを構築しているのです。         ・
 ただし、神経のネットワークを支えるためには、神経同士をつなぐ神経線維が、神経か
ら伸びやすい状態にしておくことが必要です。しかし、この神経線維、歳をとるとあまり
伸びてくれません。そのため、古い記憶は維持されていても、新しいことがなかなか覚え
られないということが生じてくるのです。

 この神経線維を伸びやすくする因子を、「神経成長因子 (NGF)」といいます。そして、
プラセンタエキスには、このNGFが含まれていると考えられています。
 しかし、脳と血液の間には通称「バリア」と呼ばれる開門があり、NGFはここを通過
できませんから、その働きによってボケが治ることは、はっきりと「期待できない」 こと
になります。
 ただし、NGFは体内で作られていますから、プラセンタエキスの働きにより、その力
が活性化されて、望ましい分量が作られるようになる可能性については、ないとはいえま
せん。
 なお胎盤には本来、胎児の臓器を作る働きがあります。一個の卵子と一個の精子で始ま
った受精卵を分化誘導して人体を作り上げるわけです。そのための各臓器の「分化誘導因
子」を胎盤が作っているのです。そのなかから主なものをあげてみましょう。
●胎盤型皮膚成長因子 (TGF)
●肝腋成長因子 (HGF)
●血管成長因子 (ECDGF)
●コロこ−成長因子 (CSF)
●血小板由来成長因子 (PDGF)
●インスリン様増殖因子 (IGF)
 他にもたくさんの成長因子を作っています。胎盤の持つ再生力の秘密は、そんなところ
に起因するものかも知れません。
 プラセンタエキスの強壮効果
「プラセンタエキスで性的活力がよみがえった」という声をよく聞きます。全身の細胞が
活性化し、体の調子がよくなることから、そんな余裕が出てくるということだと思います。
なにしろ「一〇歳若返る」 のですから。
 ただし、現在までのところ、プラセンタエキスには、性的機能そのものを刺激する効果
は、特に確認されていません。        .

 ところで、男性向けの性的不能治療薬として、最近日本でも発売されて話題になった
「バイアグラ」という薬があります。この薬のメカニズムは、要するに性器の静脈 (心臓
に戻る血液を運ぶ血管) を締める作用にあります。興奮すれば動脈を通じて性器に血液は
入ってきますが、出口をふさがれた状態になります。これで用が足りるわけです。
 ただし、こうした薬の特性から動脈硬化が始まり、血管がすでに硬くなっている方には
リスクがある薬です。このような方には、プラセンタエキスで全身の状態を整えたほうが
よろしいかも知れません。
 なおこれは余談ですが、薬事法に基づいて薬剤の処方・品質をまとめた 『日本薬局方』
という公定書には、「胎盤性ゴナドトロピン」という薬が載っています。この薬は、胎盤
を原料とする性腺刺激ホルモン剤の一種で、ホルモン性の不妊症や性的不能、生理不順な
どに効果があります。
 ただし、同じ胎盤から由来するといっても、この本で取り上げているプラセンタエキス
には、この成分は入っていません。
老化防止でみるみる若返る)・・・前へ 次へ・・・(男性ホルモンを抑えて育毛に貢献!?

A society for the study of placenta

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。