TOP プラセンタ? 美肌 日々の健康 医薬品のプラセンタ プラセンタ製品のご購入は・・・ リンク集
PLACENTA
□□□□□□□□□□ ニキビやニキビ跡を改善し、キレイに □□□□□□□□□□□□□

プラセンタは二キビの原因にも症状にも効果

 ニキビは、まず皮脂が毛穴に詰まり、次に細菌に感染し、毛穴の周囲に炎症を起こし悪化した状態をいいます。
 ニキビが思春期に多いのは、この時期にホルモンがアンバランスになることと密接な関係があります。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると、角質層の増殖が促されて厚くなり、その影響で、角質が毛穴に入り込んで、毛穴の出口を狭くするため、皮脂が詰まってしまい、ニキビの第1段階がつくられます。
 なお、最近は20〜30代でも、ストレスなどが引き金でホルモンバランスを崩し、角質層が肥厚し、ニキビのできる人が少なくありません。医学的には、吹出物とニキビの区別はなく、すべてニキビ (尋常性座瘡) といい、年齢を問わず、いつでも発症するものなのです。

 肌の潤いを保つため
   に皮脂が排泄される
● 毛包内に詰まった皮脂や角質にアクネ菌が繁殖。
   さらに悪化すると毛包内で炎症状態となり、赤く腫れあがる
・・・> ・・・>
 さて、ニキビは、詰まった皮脂が酸化され、炎症を起こすことで発症するのですが、従来、この [酸化→炎症] はアクネ菌によって引き起こされるといわれてきました。ところが、現在では皮膚科学の進歩で、アクネ菌と活性酸素が共同して起こすという説が有力視されています。アクネ菌は、どんな人の皮膚にも存在するありふれた菌として知られます。
 アクネ菌の分泌するコプロポルフィリンという物質に紫外線が当たると、活性酸素がつくられます。この活性酸素が、毛穴に詰まった皮脂を酸化して、過酸化脂質などに変え、これが毛穴の周囲の細胞を刺激して炎症を起こすというのです。

 ニキビには残念ながら、いまのところ、特効薬は発見されていません。しかも、若い人の場合、成長にともなうホルモンの変化に根ざす、生理的現象に近いものですから、すぐに治すことは難しいとされています。ですから、巷間で、「青春のシンボルなんだから気にしないこと。殺菌用の石けんでよく洗い、無香料のローションをつけておくのが一番」とかいわれるのもあながち間違ってはいないのです。ただし、洗顔は大切とはいえ、朝晩の2回で十分、洗い過ぎは要注意です。皮脂が取れ過ぎると、かえって皮脂の分泌を促すことになり、逆効果になります。
 ストレスが問題になっている人はやはり、ストレスの根源を取り除くよう心掛けることが大切です。「たかがニキビ、されどニキビ」 で、ひどくなれば、本人の悩みは深刻度を増します。

 プラセンタには、
 ホルモンバランスを調節する内分泌調整作用
 活性酸素を除去し、酸化を防ぐ活性酸素除去作用
 雑菌に対する抵抗力を高める免疫賦活作用
 抗炎症作用



などがあり、ニキビの原因にさかのぼって治療するとともに、症状を軽減することで、すぐれた効果を発揮するものと考えられます。


プラセンタは二キビ跡の補修にも有効

 ニキビはそれ自体うとましい存在ですが、それ以上に心配されるのが、ニキビをこじらせて、皮膚陥没などの跡を残してしまうことです。ニキビの炎症が進むと、雑菌が凄い勢いで繁殖するようになります。すると、私たちの体はこれを排除しようとして免疫システムを働かせますが、この時、免疫担当細胞が駆けつけ、強力な殺傷能力を持つ一種の活性酸素を振りかけ、雑菌を退治していきます。ニキビが赤く腫れるのは、雑菌と活性酸素が闘っているためであり、また膿は雑菌と免疫細胞の死骸です。
 ところで、活性酸素による攻撃の対象は雑菌にとどまらず、周囲の組織にまで及ぶことがあり、それで、組織を破壊してしまうと陥没しニキビ跡として残ってしまうのです。ニキビ跡を残さないためには何といっても、こキビの炎症を悪化させないことがポイントです。

 プラセンタは、この炎症の抑制や、ニキビ跡の補修にもたいへん有効なことがわかっています。
 プラセンタには、抗炎症作用や、過剰な活性酸素を除去する作用があり、ニキビ跡を残さないように働くと同時に、肉芽(傷が治る時にできる増殖力にすぐれた組織) の形成促進作用や、壊れた組織の修復を促進する傷創回復促進作用などにより、ニキビ跡をキレイにするうえで効力を示します。
 こうしたプラセンタの修復効果は、二キビ跡のほかに、傷跡やヤケド跡にも作用することが認められます。それで、プラセンタは、その素晴らしい効能に接した皮膚科医の間でも高い評価を得ています。
プラセンタでシワを修復)・・・前へ 次へ・・・(肌質のタイプを選ばないプラセンタ

A society for the study of placenta

このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。